読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クトゥルフの呼び鈴

CALL BELL of CTHULHU

名状しがたき映画『沈黙』サイレンス

映画とか動画とか

f:id:wingfeet:20170211192448j:image

この映画、とても気になっていたので観に行きました。遠藤周作の原作も以前読んだことがあり、当時はとても衝撃を受けた記憶があります。マーティン・スコセッシほどの巨匠が構想から28年もかかって完成させたというこの映画、いやあ、見応えたっぷりでした。2時間40分もあるのに、なんという緊張感の連続と持続、役者さんたちの白熱の演技を食い入るように見つめるばかりでありました。日本人にはちょっと理解しにくい主題ではありますけど、信仰とは教理教派の「型」の中にあるわけではなく、自分と神とを繋ぐ接点、つまり「心」の中にあり、それは誰にも奪えないんだなあと… 

 

いろいろ意見はあると思いますが、僕はこの映画のタイトルは『沈黙』ではあるけれど、結局のところ神はまったく沈黙していない、に賛成です。観ていてしんどい映画ですが、いろいろ考えさせられますし、カメラワーク、表現や演技は凄いし、観る価値は大いにありました。

 

 

さてさて、ここからは余談ですが、CoC的観点で観るとですね、この映画が煽る恐怖感というのもなかなかですよ。僕は原作読んでいたので、どこでどうなるかというのは分かっちゃったんですけど、原作未読の人には、主人公がいつ捕まって、どんな風に拷問(かなりエグいのでPG12指定です)にかけられたり殺されたりするかは分からないわけですよ。あれは本当に怖いですね。しかも、自分は正しいことをしていると思っているのに、時の体制の方針で弾圧されるわけで、もう、そのやるせなさときたら。シンドラーのリストを観た時も同じことを考えましたが、そういえばあの作品にもリーアム・ニーソン出てましたね。

 

終盤、刑場でひとりだけ残された信者の男が、刑吏と呑気に世間話をしていると、突然飛び込んできた役人に一瞬で斬首されるシーン、あそこはかなりきつい正気度ロール(まだ実際のプレイに至っていないのに、用語として覚えたので使ってみたくなりました)でした。

 

ほんとどうでもいい余談でした。(^_^;)

 

繰り返しますけど映画本体は素晴らしい文芸大作ですからね。